詩のことば

作者が日常会話で使っていない言葉、使っても日常の会話が成立しない言葉、日常の会話は例えば階段をきざはしとは言わないように。日常に触れたい。

ねばならないという考え

ねばならないという考えかたがわたしは強い。長男だからなのかフルコミ営業職につきすぐリーダーを指名されたからなのか26才から社長をしたからなのか。考えかたを押しつけることも共有することも不可能なのだけれど、可能性の幻想の微細な欠けらが時にわた…

口語詩句72h投稿サイト

詩を読んでいて、わかるけれどもそんな生きかたはしたくないとか、わかるけれどもだからどうなのとか思うことがある。生きかたの在りようなのだろうけれど、感動するセンチメンタルと感動できないセンチメンタルとがある。魂がふるえる小説を読みたい、魂が…

井上尚弥は考える「過去のデータは過去でしかない」

仕事は四角いリングのボクシングと同じかもしれない。 感じとれる人と、感じとれない人がいる。 天才でなければ不可能なのかもしれない。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200116-00069152-gendaibiz-spo&p=1

詩について

詩について考えることがある。詩は、一瞬のセンチメンタルとか一瞬の言葉の飛翔ではなく、たとえば朔太郎の詩は何を読んでみても、そこにあるのは朔太郎の寂寥の一貫した方向性である。朔太郎をはなれた一瞬のセンチメンタルも、朔太郎をはなれた一瞬の言葉…

不整脈もしくはCOPDの方のベストウォーキング

呼吸は息を吐く時に口を細くすぼめ負荷を掛けできるだけ早く吐き切る。 歩く姿勢は、鼠径部が一番前に出るように上体をやや後ろに反らす。 視線は水平より20度上を見る。 速くなくて良い、できるだけ大股に歩く。

わたしの好きな詩

すばらしい詩を読んだ。 もしもあなたがほんとうはぜんぶうそだとわかったらあなたはそのときふきだします かそれともふかくすくわれますか池井昌樹詩集 遺品もしも より

AST.ALTについて

ニシザワマナミ先生へ 肝臓専門医である肝臓学会評議員のK医師(元大学教授)によれば、AST. ALTの望ましい数値は15前後であり、糖質と脂質を多く摂取した場合は数値が高くなり、摂取制限をした場合は下がります。共に20を超えた場合脂肪肝は治らず動脈のプ…

折笠 美秋

鬣編集部から折笠美秋氏の句集を贈っていただいた。 堪能して読ませて戴いた。作品のいくつかを紹介したい。 北里仰臥滴々/呼辭記 折笠 美秋 ・雪明り死者は夢見ることありや ・我れ病みたれば夢にも雪降る妻ならむ ・涙をお拭き 明日へ 雪明かりの妻よ ・…

親友の詩

親友の詩を紹介したい。かなしみとあきらめと死とみれん3才 悲しむため生まれたと知る4才 生まれて損をしたと知る5才 教師はバカだと知る15 知能が無いからガリ勉16 ガリ勉は感性が無い17 ガリ勉の子はガリ勉18 ガリ勉のなれの果て23 銘柄企業はバカばかり24…

投資について

★投資についての考え方 ・投資にはデューデリが必要 ・取締役監査役と早期に情報を共有する ・取締役に共感を得られる投資 ・本業の拡大に繋がり事業をコントロールできる投資 ・本業につながる可能性があるから、不確定でも投資をしたいという場合は、本質…

発達障害

人はみな発達障害なのではないだろうか。どんな人も、自分は大人の発達障害だと思った方が良いかもしれない。自分の何処が発達障害なのかを考えてみる。病気は恥ずかしくないから、病気だとおもえれば気が楽になり、冷静に自分の病気に向きあえるようになる…

バカの薬

嘘をついたことがないという人をわたしは信用しない。その人は自覚して嘘をついているか、自分が嘘をついていることを気がつかないかの孰れかであるから、孰れにせよ信用できないことになる。 自分は悪事をした事がないという人をわたしは信用しない。自覚し…

抗血栓薬

転倒して頭部を打ってクリニックを受診する65才以上の30%が抗血栓薬を服用している。24時間以内に脳出血により重症化する例が多発している。

仕事の王道

仕事を指示され出来そうがないと思ったとき、仕事がすごくできる人は当然出来るだろうと考え、その人の仕事の仕方にどうすれば近づけるだろうかと必死に考える。必死に考えながら少しでも近づこうと必死に仕事をする。これが仕事に対する考え方の王道である。

山中伸弥氏による人類の幸せ

遺伝子の切り貼りによる生命の誕生は優生学の再燃になるのではないか。人類の幸せにとって、1番大切なことは謙虚になることだと思います。科学者にとって謙虚とは、何も知らないと考えることです。百年前千年前に比べ幸せになっていないのではないか、と考え…

漢字

読みかたの無い漢字のつかいかたは哀しい。そのようなつかいかたの優れた作品はひとつもみない。文字は血であり国家である。文字に敬意をはらっていただけると嬉しい。

診療方針

・インフォームドコンセントを第一義とします。 ・緊急を要せず専門医の治療を必要としない生活習慣病は、服薬ではなく生活習慣の改善による治癒を目指します。 ・医食同源を患者に説明します。 ・病態について検査結果を自分で調べ考えることの大切さを患者…

映画 帰れない2人

ホウシャオセンの、非情城市はわたしにはアレルギーがある。長江エレジーは叙事詩としてかなり優れていると思う。叙事詩は切なくてあまり好きではないのだが、世界に大きく評価されたことは評価した人を褒めてあげたい。帰れない二人のシャオは本人と等身大…

PET検査の被ばく量について

FDG-PET/CT 約25ミリシーベルト/1検査 ①被ばく FDG-PET検査での被ばく FDG-PET検査を行うには、撮影の前に放射性同位元素(18F)を投与します。当院では、体重1kg当たり4.0MBqの量を投与しますが、そのときの被ばくは投与量に依存します。 およその目安として…

質問

回答を想定して確認するために質問する。分からないから質問するのではない。

病気

医師はあなたが糖尿病になることを知らない。糖尿病の正しい食事も知らない。体重が2割増えれば血液も2割ふえる。心臓の負担も2割ふえる。EFは毎年必ず悪くなる。どのようにストップさせるつもりなのか。医者はストップさせられない。あなた自身がストップさ…

低炭水化物食

20年程前、アメリカの肥満率は先進国中世界一で30.5%、日本は先進国中最下位の3.5%。寿命先進国中、最下位はアメリカ日本は一位。CDCはその違いを食事に求めた。アメリカ人は肉チーズジャガイモ等炭水化物が少ない肉類脂肪系が多く、日本人はコメ漬物野菜植…

言語について

言語について(あるいは、なぜ口語なのか、について。) 自らの生理とか存在に密着した何かを表現しようとする時、自らが考えるときの言語でなければならない。言語がなくて考えることはできない。考えるときの言語は物心ついたころから口語である。フランス語…

公平について

自らの生活がよって成り立つ、職場もしくは社会あるいは業界について公平を語らずそれ以外の場で自らのいかがわしさを自覚することもなく公平を語ることは、騙りである。(だからわたしは公平について語らないようにしている。)

わたしが質問されたこと

1.自分のどんなところが賢いか、知っていますか。最も賢いところを、ひとつ記載して下さい。2.自分の賢くないところを知っていますか。最も賢くないところを、ひとつ記載して下さい。

歯磨きの方法

歯磨きの方法をキチンと教わった人はいないだろうから、めいめいが独自の方法なのだろうと思う。家族の歯ブラシを見ると、時にブラシが広がっている。これは良い歯磨きとは言えない。都度注意をするのだけれど直る気配はない。歯石は1日で出来始める。3カ月…

美白歯磨剤

中年期以降の方は是非試してみてください。わたしは使用してますがよごれがつきません。 Brilliant moreブリリアント モア ステインを浮かせて落とす進化した美白ハミガキ 「ピロリン酸ナトリウム」がイオンの力で歯の表面からステインを浮き上がらせ、ブラ…

相続争い

相続争いほど醜いものは無い。これほど日本人を下品にする法律は、そう多くはない。自分の資産でもないのに、なぜ所得の権利が発生するのだろう。死因贈与契約は在ってよいが、遺産は国家に帰属するのが本来である。夫婦の資産は、所得税法の観点から資産形…

謙虚

何を知らないのかを知っていること。知っていることを信用していないこと。知っていることを語るのではなく、知らないことを語ること。