議論の対象

憶測による見解、情緒的な見解は、議論の対象とはならない。何が視えて何が視えないのか。否定する判例と、相反する、肯定する判例を探す。公開されない重要な判例があると考えることは憶測による見解であり議論の対象とはならい。具象の文字を探す事により憶測は1枚づつ剥がれ正体は具象化する。学説が一つに纏められていることは稀であり相反する学説があることが通例である。言葉には表面の意味と本質の意味がある。表面の意味は学生でも理解できるけれど本質の意味を理解することは難しい。表面の意味で言葉を固定すると誤る。判決は言葉の表面ではなく本質により構成されるほうが良いと思う。

糖尿病

急激な低血糖は、糖尿病網膜症を発症させるのではなく、糖尿病網膜症を一時的に悪化させる、という報告があります。どういう背景の患者に発症するのかの詳細と機序については解明されていません。食事療法で急激な低血糖が発症するという症例は報告されていません。考えられる原因はインシュリンか薬剤、ではないでしょうか。
白内障も糖尿病合併症のひとつです。浮腫も合併症のひとつです。糖尿病黄斑浮腫ではないでしょうか。浮腫が大きくなると失明に至るとも報告されております。

糖尿病のはなし

糖尿病患者の
57%が網膜症になり
42%が腎症になる

 

主婦とか栄養士は調べもしないで聞きかじりの知識を吹聴する傾向がある。科学者はそうであってはならない。科学者は、臨床データも外国の学説も調べ、比較検討の上、自分が正しいと信じた学説のみを発言しなければならない。それ以外の聞きかじりの学説は発言してはいけない。