午前3時に小さな音がした。
障子を開けてみると雪がざんざか降っていた。
隣りの家の竹の葉に積もった雪が落ちたのかもしれない。
芋焼酎のお湯割りを持ってきて、ちびちびとやりながら、降る雪を見た。
杉苔の庭はすっかり雪におおわれ、雪は風に舞い降りつづいた。