仕事のできる人は常に最悪を想定し、ハイリスクな道を選択したばあい、万全に備える。仕事の方法はその人の生き方と同等であり、家族の未来もしくは病気への対処とも同等である。
不幸になる人は何故か楽観的に不幸の対策をとらない。