忖度は本来美しい言葉である。
が、日本人は不思議な言葉の使い方をする。
忖度して犯罪を犯した人は、忖度させられたかどうかが問題なのではなく忖度はさせるものではなくするものだから忖度して適法に行うことが義務なのだから、単に犯罪者にすぎない。
社長の考えを忖度して適法に行う社員も居れば保身のために勝手に犯罪を犯す社員もいる。
保身をする人が単に卑しく下品なだけである。


言葉がよろこぶ使い方をする。社長の考えを社員が正しく忖度しなければ企業は潰れる。