アルコールは、肝臓で水と炭水化物に分解されるが、その分解過程で中性脂肪の合成を促す酵素を発生させる。

空腹時中性脂肪は、食事から取り込まれた外因性の中性脂肪ではなく、肝臓に取り込まれた脂肪がふたたび血液中に分泌された内因性の血中中性脂肪の値である。