*

小さな死がある
とおもったのは
いつのことだろう


小さな死が
たくさんあって
大きな死が
あるのかもしれない